妊娠中の葉酸について

妊娠中の葉酸について

みなさんこんばんは、育児なしからイクメンになるために今日も少しだけ勉強したいと思っています。

最近、妻が、変なサプリメントみたいなものをよく口にしているのを見たことがありました。

育児に無関心な私がそのサプリメントみたいなものについて尋ねると・・・

なにやらそれは・・・妊婦さんに必須な「葉酸」というものらしいです。

そこで、本日はその葉酸というものがどういうものなのか、勉強することに決めました。

葉酸とは・・・

 水溶性ビタミンBの一種らしいです???これは、代謝にかかわりが深く、たんぱく質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれるそうです。また、ビタミンB12とともに赤血球の生産を助ける造血ビタミンでもあるそうです。他にも、DNA、RNAなどの核酸を合成するために大切な役割を担う栄養素です。そのため、赤ちゃんの新しい細胞が作られる認識や授乳期のお母さんにとって、葉酸は不可欠な栄養素とされているそうです。

2002年からは母子手帳にも葉酸に関する記載がされています。

葉酸が不足すると・・・

 胎児の細胞分裂がさかんな妊娠初期(4週~12週)においては先天性の疾患を招く危険性があるそうです。

特に二分脊椎症などの神経管閉塞障害の発症リスクが高くなるといわれています。(この二分脊椎症については後日勉強してみます。)授乳期においても、赤ちゃんの発達に遅れを及ぼすらしいです。

また、葉酸の不足は赤血球の生産に影響を及ぼすため、心血管性疾患や、悪性の貧血(巨赤芽球性貧血)を引き起こす原因にもなるそうです。他にも、細胞の生産を助けるその働きから、細胞分裂の盛んな個所で欠乏症状があらわれ、免疫機能衰退、消化機能異常を引き起こす可能性があるそうです。

 胎児、乳児だけでなく、妊娠中の女性は、赤ちゃんに優先的に酸素を届けるため、貧血が起こりやすい状態です。貧血予防にも重要な役割もするそうです。

そのため、葉酸は非常に大切なものといえますね。

葉酸はどうやって摂取するのか

葉酸は、ホウレン草やブロッコリーなどの緑黄色野菜(中まで色がついている野菜)、果物、ナッツ類に多く含まれているらしいです。他にも、レバーや豆類などでも摂取することが可能らしいです。

しかし、葉酸は水溶性ビタミンなので水に溶けやすく、ゆでることにより流れ出てしまうことがあるらしいです。また、熱により破壊されるため、食品に含まれている葉酸は生で食べたほうが吸収率を下げずにすむそうですが、妊婦は食中毒などの観点から、生での摂取はやめたほうがいいです。

そこで、最近では厚生労働省でも、サプリメントから葉酸をとるようにすすめられているそうです。

葉酸の摂取量に関しては、

通常時240㎍

妊活中640㎍

妊娠中480㎍

授乳期340㎍

推奨量とされています。

しかし、葉酸の過剰摂取は葉酸過剰症というリスクがあるため注意が必要らしいです。

以上、葉酸について調べてみました。

これまで、葉酸が何なのかも知りませんでしたが、妊娠中の女性、胎児、出産後の乳児にとっても非常に大切なものだということを学べました。

また、少しではありますが、イクメンに近づけたと思います。

私の記事では、情報不足のため、興味がある方はそれぞれで勉強し、知識をより深めたほうが良いと思います。以上、育児なしでした。

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。