妊娠中のカラー、パーマの胎児への影響について

妊娠中のカラー、パーマの胎児への影響について

こんばんは。育児なしからイクメンへということですこしだけ勉強してみます。

最近妻が髪を染めたいと言ってるので、本日は妊娠中のカラーやパーマの胎児への影響について調べて見てみようと思います。

妊娠期間中に、髪を染めたり美容室にまったく行かない妊婦は少数みたいです。

しかし、カラーやパーマをしたくても、お腹の赤ちゃんへの影響が心配でカットだけにとどめる方が多いそうです。

そこで、妊娠中に妊婦がパーマやカラーをした時の胎児への影響や、美容院に行く際の注意点について調べて見ました。

妊娠中にカラーやパーマをしたときの胎児への影響について…

ヘアカラーやパーマでお腹のなかの胎児に影響を及ぼすという研究結果は出ておらず、医学的根拠は確認されていないそうです。

そのため、妊娠中にカラーやパーマをしても胎児への影響はないみたいです。

心配な方は美容室に行った際に美容師さんに、確認したり、産婦人科の担当医について尋ねてみると安心ですね。

しかし、ホルモンバランスの影響により皮膚が荒れやすかったりするため、胎児への直接的な影響はないとはいえ、注意が必要なようです。

妊娠中に薬液が頭皮に直接付くことが不安な方は美容師に相談すると、頭皮に付かないように配慮してくれる場合もあるそうです。

美容室でカラーリングをしてもらうときは液が皮膚に付くことで染みないかなど事前に確認をしてもらうと良いでしょう。

他にも、妊娠初期の場合は匂いに敏感なため、薬剤の匂いが受け付けなく方もいるため注意が必要です。

また、自分で市販のヘアカラー剤を使う場合は、説明書をよく読み、アレルギーチェックやパッチテストをしっかり行い、薬液が肌につかないように配慮する必要があるそうです。守るために大切です。個人的な判断は難しいとおもうので、美容室でするのが無難だと思います。

また、美容室で注意しなければならないのは、カラーやパーマ液の影響だけではないようです。

長時間、同じ体勢になることも影響を与えるかもしれません…

ヘアカラーやパーマは2時間から3時間ほどかかります。

昨日の記事を読んでいただければわかるも思いますが、妊娠中の仰向けは、血管が潰されてしまい十分に血液が送ることが困難となり、胎児への栄養補給に弊害をきたすことがあるみたいです。

美容師に妊娠中であることを事前に伝えておき、体調に十分注意して無理のないようにしたほうがよいでしょう。

小まめに姿勢を変えるようにすると、体調不良を避けることができます。

お店によっては、お腹や腰の負担にならないようにクッションの貸し出しもしてくれるところもあるみたいです。

他にも、妊娠中ということを美容室を予約する際に伝えて、空いている時間を予約するとより配慮してもらえると思います。

以上、妊娠中のパーマやカラーの胎児への影響について調べて見ました。

髪を切ったり、染めたり、パーマをかけたり今まで普通にできていたことが、できないのは辛いですね。また、少しだけ妊婦への理解が深まったような気がします。

イクメンになるまではまだまだかかりそうです。

育児なし夫でした

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。