配偶者の呼び方について(女性編)

配偶者の呼び方について(女性編)

みなさんこんばんは。育児なしからイクメンへということで、少しだけ勉強してみます。本日のテーマは……

と考えていると、最近私のブログを読みだした妻が、配偶者の呼び方なんだけど…私はなんてよべばいいの?って聞いてきました。

私は、配偶者のことを妻と呼べるように学習しましたが…反対はわかりませんでした。

そこで、本日は配偶者の呼び方について。女性編です。

男性同様女性も職場の上司や同僚、親戚、友達などと多くの場面で配偶者を紹介する場面がありますね。

よく女性が、配偶者を呼ぶワードとしてきくのが、夫、亭主、主人、旦那さま、うちのが、彼など…結講たくさんありますね。

うちのがとか、彼とかは考えたところで違うような気がしますね。

では、それぞれについて記載していきます。

夫は正式に婚姻届けを提出した婚姻関係にある配偶者のこと。「妻」の対義語

亭主は家の主人

主人は家の長、自分の仕える人。

旦那は主人を敬った言い方・生活の面倒を見てくれる人。

うーん…なかなか難しいです。

妻の対義語だったら夫でいいのかな??
よくよく調べると

旦那と言う言葉は主人のさらに敬った呼び方であるが、奥さんの対義語で使われる言葉みたいです。そのため、自分の夫のことを話す時に旦那という敬った言い方を使うのは本来はあまりよくなあと思われます。

そのため、女性が配偶者を呼ぶ際は、
夫または主人が無難だと考えられます

これは、イクメンになるためにはあまり必要な知識ではないですが、たまにはこういうことも調べるのも楽しいです。

以上、育児なしでした。

配偶者の呼び方(男性編

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。