妊娠中の運転について

妊娠中の運転について

こんばんは。育児なしです…

本日もイクメンになるために少しだけ勉強していきます。
少し前に、妊娠中の旅行について書きましたが、旅行以外にも妊娠中はなるべく運転を控えたほうがいいいうことを聞くことがありましたので、本日は妊娠中の運転について調べてみました。

妊娠中の運転について調べてみましたが・・・

妊娠中の運転に関していつまで運転をしてよいのかとうい法的な決まりはないそうです。

しかし、ブログの中でも何度もでてきておりますが、妊娠中はホルモンバランスが崩れるため、眠気や体調不良をきたす場合があるため、運転を控えた方が良いと言われるみたいです。

特に妊娠初期は、母体の中でめまぐるしい変化がおきてるために注意が必要みたいです。そのため、眠気がある時や気分が優れない場合、体調が悪いと時の運転は避けた方がよいみたいです。ホルモンバランスが崩れているときは、判断力や注意力の低下にもつながるそうです。

そのほかにも運転による、緊張やストレスによりお腹が張る原因にもなるそうです。
そのため、長時間の運転はなるべく避けて、近場でもこまめな休憩が必要だといわれています。
運転するとき人は無意識のうちに緊張してしまうものです。緊張によるストレスがお腹の張る原因になることもあります。

お腹が張って痛みや違和感を感じたときは車を止めて無理をせず休憩をとったほうが良いでしょう。
長時間運転しなければいけない場合は、事前に休憩できる場所や非常時に駆け込める病院を調べておく必要があります。

また、運転する際には以下の点にも注意してください。
1.シートベルトでのお腹の圧迫
妊娠中はシートベルトの腰のベルトの位置に注意をする必要があるそうです。
腰ベルトはお腹のふくらみを避け、腰骨のできるだけ低い位置を通し、骨盤の出っ張っている部分よりも足のつけ根のほうにシートベルトが通るようにするといいみたいです。肩のベルトもお腹にかからないように胸の間に通して、おなかのふくらみに沿うように装着したほうが良いそうです。
自分でうまくシートベルトを装着できないときは、正しい位置にくるように補助してくれるマタニティーシートベルトというものがあるそうです。


2.マタニティーマークを車に貼りつけること
各施設の駐車場に設けられている身障者用スペースに駐車することも可能となり、万が一の事故の際にすぐに運転手が妊婦であることを周囲に知らせることが可能になります。
このマタニティーマークは自治会で母子手帳の交付の際に無料で提供されたり、カーショップやネットで主に売られているそうです。
しかし、マタニティーマークについては賛否両論あるみたいで、現在の世の中では付けてることにより嫌がらせを受けたりするといった悪い習慣があるようですので、自己判断でお付けしたほうが良いそうです・・・残念な世の中です・・・


他にも気を付けたほうが良いことはたくさんございますが、妊娠中の旅行、遠出についての記事でも少し記載していて二重になる部分が多いため、今回は控えさせていただきます。

以上、妊娠中の運転について記載してきました。普段妻が運転しているのをみて体調には気を遣えていたと思いますが、シートベルトまでには配慮できていませんでした。勉強すればするほどいろんな観点で物事をみれるようになるので少し頭が良くなった気分になります。基本なのかもしれませんが・・・

以上育児なしでした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。