妊娠中のペットについて

妊娠中のペットについて

みなさんこんばんは。育児なし~イクメンへということで本日も少しだけ勉強していきます。

私事ですが、実家で犬を飼っています。そのため、妊娠中にペットを飼ってい良いのかという情報は大切だと思い、本日は妊娠中のペットについて記載していきます。

妊娠中にペットを飼っていることにより、影響を考え、ペットを手放す方もいるそうです。

妊娠中にペットを飼ってはいけないといわれている理由として、トキソプラズマ菌というものの存在があります。
トキソプラズマという虫を原因にした感染症は、胎盤を通して胎児に達し、妊娠初期の流産や死産の原因となるそうです。

トキソプラズマの感染経路は、オーシストという卵の状態になり、動物の排泄物かから体外に出て、それが人の手に触れて口に入ることで感染することがあるそうです。。
しかし、犬のフンからはこの感染源となるオーシストは排出されません。そのため、犬を飼っていてもトキソプラズマには感染しないそうです

次に、犬を飼っていて気を付けることの一つとして狂犬病があります。
狂犬病は、犬を始め猫や様々な野生動物が感染する病気で、狂犬病のウイルスを持った犬にかまれたり引っかかれたりすると、傷口から人にも感染する可能性があります。
その際の症状として、発熱、頭痛、食欲不振、倦怠感、吐き気、嘔吐、精神的に不安定になるといったことがあるそうです。
この狂犬病に関しては、妊娠している人もしていない人も注意が必要な病気なのでペットを飼う際はワクチンの接種が義務付けられています。 また、本人も狂犬病の予防接種を受けることでより安心してペットと過ごすことができるでしょう。

また、「犬の散歩をすると、引っ張られて赤ちゃんが逆子になる。」と言われていた時期もあったようですが、医学的根拠はないそうです。

他にも、犬がお腹を踏んだりぶつかってきたときの影響はお腹の中で羊水に守られているので、多少のことでは影響はないそうです。

あと、ダニやノミなどは雑菌を持っていて、母体へ良いとは言えないため注意が必要です。
アレルギーに関しても妊娠により、ホルモンバランスの変化からアレルギーになることがあるため、注意が必要です。

以上、妊娠中のペットについて記載してきました。犬により、トキソプラズマ菌などの直接的な影響はないことはわかりましたが、100%感染リスクがないというわけではないため、ペットを触ったあとは手洗い、うがいなどの感染予防は必要であると思いました。また、犬などのペットがお腹に乗ったり、噛んだりすることはないとはいえないため、しつけを含め注意が必要であると思いました。

育児なしでした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。