妊娠中の入浴について

妊娠中の入浴について

こんばんは。育児なし〜イクメンへということで、本日も少しだけ勉強していきます。

本日は妊娠中の入浴について少し調べてみました。

妊娠中の入浴の注意点について

妊娠中は自律神経の乱れにより、体温調整する機能が低下することがあります。また血液量が増えているため、のぼせやすくなっているそうです。

また、妊娠して女性ホルモンが増えると、水分を蓄える作用と体温を上げる作用が働きます。そのため、通常よりも水分を多く必要とする上に、代謝が活発で汗をかきやすく脱水症状が起きやすくなっています
脱水症の症状として、のどが渇く、唾液が減る、めまい・立ちくらみ、頭痛・吐き気、意識障害、痙攣・失神などがあるため、注意してください。

他にも、自律神経の変化により、急に立ち上がった際の立ちくらみが起こりやすいため、入浴後はゆっくり立ち上がることをこころがけたほうが良いみたいです。

入浴時間について
妊娠中は特に妊娠後期にかけては血圧が下がりやすく、動悸が起こる場合があるため、長時間の入浴は避け、短めの入浴を心がけた方がよいみたいです。

環境への配慮
浴室や脱衣所に転倒に備えて配慮をしましょう。妊娠中の転倒は流産につながりかねません。浴室の床は濡れていて滑りやすいため、滑りどめマットを敷いて転倒を防いだり、浴室と脱衣所の、温度変化により体調を崩さ方もいらっしゃいますので、温度調整には気を付けてください。

お風呂の温度
妊娠中は肌が敏感になっているため、お風呂の温度は普段よりぬるめで、38~39度くらいがよいといわれています。高温のお風呂では、皮膚へ刺激になってしまうため注意が必要です。

以上、妊娠中の入浴について調べてみました。妊娠中は自律神経の影響により、めまい、脱水、起立性低血圧など多く危険が待ち構えていることがわかりました。他にも時期による注意点もあるみたいですので、詳しくは担当の医師に相談する必要があると思いました。

育児なしでした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。