妊娠10ヶ月について

妊娠10ヶ月について

育児なしです。本日もイクメンになるために、勉強していこうと思います。前回は妊娠9ヶ月について記載しました。今回は出産まで・・・いよいよという妊娠10ヶ月について記載していきます。妊娠10ヶ月(36週、37週、38週、39週)について

胎児、母親、やるべきこと、やっておいたほうがよいこと、買っておいたほうがよいものについてまとめてみます。

胎児

胎児の大きさは、身長約47cm、体重約3000g、スイカ(小)1個くらいみたいです。

この時期の胎児は、いつ生まれてもおかしくない状態です。頭は骨盤におさまります。

母親

赤ちゃんの先進部が下がってきて、胃の圧迫感がなくなり、食欲が戻ります。尿が近くなり、白っぽい織物が増えることがあるらしいです。子宮口が柔らかくなり、いつ生まれてもおかしくありません。

やるべきこと

タクシー会社の電話番号、病院の電話番号、夫および家族の職場の電話番号、産院までのルートを調べておく必要があります。

出産の兆候が見られたら参院へただちに連絡しましょう。おしるしと呼ばれる血の混じったおりものがサインとなるそうです。数日後に陣痛が始まることが多いみたいなので、おしるしがあった際は産院に連絡し、指示をうけましょう。

やっておくとよいこと

乳頭の状態をチェックしてもらう

入院・出産用品の最終チェック

赤ちゃんを迎える準備をしておく(産後の生活を行えるように)

買っておいた方が良いもの

おむつ、おしりふき

ガーゼ、綿棒

ベビー用ソープ、ベビーローション、爪切りなど

布団セット

以上、妊娠10ヶ月についてまとめてみました。妊娠10ヶ月と書きましたが、妊娠の経過は以上になります。いつ生まれてもよいように赤ちゃんを迎え入れる万全の準備が必要ですね。このときはまだ、親になる実感はほとんどなかったのを覚えています。これを見ている育児なしさん、イクメンになれるように奥さんにしっかり協力してあげてくださいね。

育児なしでした。

妊娠2か月について

妊娠3ヶ月について

妊娠4ヶ月について

妊娠5ヶ月について

妊娠6ヶ月について

妊娠7ヶ月について

妊娠8ヶ月について

妊娠9ヶ月について

子供を授かったらすること

出産する前に準備するもの

よろしければ↑こちらもどうぞ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。